ALSアクションデー

7月10日(日)、レノファ山口のホームゲームがあったこの日、田辺三菱製薬(株)Presents 「ALSアクションデー」というイベントに本校調理科と看護科の3年各科有志5名が参加しました。このイベントは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)疾患啓発チャリティーイベントです。
調理科3年22名はイベントに合わせ、嚥下食をアレンジした焼メレンゲというお菓子を製作しました。三笠産業(株)よりいただいた野菜ファインパウダーを使用し、むらさきいも、スパイシーなしょうが、風味豊かなごぼう、くせのない人参の4種類の味の焼きメレンゲを作りました。オーブンで焼いている間、田辺三菱製薬の方によるALSについての説明会をリモートで実施し、生徒たちはALSという病気について深く学ぶことが出来ました。90分かけてじっくり焼き上げたお菓子は、400袋以上出来上がり、当日呼びかけると約1時間でなくなりました。ALSのチャリティーイベントだったのでお菓子を配布した際、多くの方に募金をしていただきました。46,972円集まり、日本ALS協会に全額寄付されたそうです。ご協力して下さった皆様、ありがとうございました。
また、看護科3年5名は当日、観戦に来られた方の血圧測定を実施しました。多くの方にお越しいただき学びの機会をいただきました。ありがとうございました。


  • 中女ニュースアーカイブ

PAGE TOP