中村女子高等学校について

中女は、古い歴史をもつ由緒ある学校です。

「西の京」山口。文化と歴史ある山口市に、中村女子高等学校があります。本校は、女子教育の先覚者中村ユス先生によって、1867年に創立された古い歴史をもつ由緒ある学校です。

教育理念

10年後、30年後も社会で必要とされ続ける、社会で活躍できる人材の育成を目指します!

「夢」の実現に向かって

あなたの夢を実現するために、5学科(普通・看護・調理・情報ビジネス・福祉)が設置されています。各種の資格取得は、社会で生きていくとき、大きな力となります。

女子校だからこそ!

女子校としての特色を生かした実践的な教育を実施しています。なかでも、女子のみで学校行事の企画・運営をすることで、自主性、行動力等が備わってきます。キャンパスには大きな声での挨拶が終始飛び交っています!

盛んな部活動

部活動も大変盛んで、全国大会に出場する運動部もあり、早朝から元気な声が聞こえています。厳しい練習を毎日こなす中から逆境に耐える力ができます。インターハイや国体に山口県代表として数多くの生徒が出場しています。

社会参加による学習

各科に校外での実習があり、さらにボランティア活動にも進んで多数参加しています。そこでの体験などから、卒業時には充分な社会性が身についています。

沿革

慶応3
初代中村ユス 毛利公邸内において裁縫教授を開始
明治14.4
校舎を米殿小路に新築して中村裁縫伝習所と称する
明治33.4
校舎を今道(現在の場所)に建て、私立学校令により私立中村裁縫女学校と改称
大正2.9
高等女学校令による私立中村実科高等女学校を設置
大正9.9
中村実科高等女学校の組織を変更して中村高等女学校と改称
昭和22.1
財団法人中村高等女学校認可 財団法人中村高等女学校と改称
昭和23.4
学制改革により中村女子高等学校同併設中学校と改称 高等学校に普通科、被服科を設置
昭和26.3
学校法人中村女子高等学校認可
昭和34.4
商業科設置
昭和43.12
戦没動員学徒慰霊碑竣工(純真の碑)
昭和47.4
衛生看護科設置
昭和61.4
衛生看護専攻科設置
平成4.5
通信衛星放送(サテライト)教育開始
平成6.6
学校法人山口中村学園と名称を変更
平成7.8
戦没学徒50周年追悼式典挙行
平成8.4
介護福祉科設置
平成8.11
専攻科校舎竣工
平成9.4
介護福祉専攻科設置
平成12.4
調理科設置
平成14.4
看護師養成5年一貫教育開始。看護科、高等看護専攻科と改称
平成15.4
情報ビジネス科設置
平成17.3
商業科廃止
平成18.4
普通科普通コース 2年次からの選択コース(進学コース、ライフデザインコース)を設置
平成18.11
創立140周年記念式典挙行
平成19.1
応援歌の作成(作詞:桂雄三、作曲:山崎凱千)
平成21.4
福祉科設置 2年次からの選択コース(福祉コース、保育コース)
平成23.3
介護福祉科廃止

理事長・校長紹介

理事長 工藤 公照 (くどう まさてる)
校 長 岩崎 稔生 (いわさき としお)
PAGE TOP