叢咲(むらさき)会

叢咲(むらさき)会を、毎年開催しています!

叢咲会は、中村女子高等学校の卒業生で構成される、同窓会の名称です。難しい漢字ですが、本校には戦前から立派な藤棚があり、毎年5月になればすばらしい藤の花が咲き、その藤色のむらさきの色と「本校卒業生が全世界で叢(む)れ咲(さ)くことを願って」叢咲(むらさき)会という名前がつきました。
現在、毎年5月の母の日に「同窓会総会」を開催、一年間の活動を報告し、懐かしい先生方とお話をしています。
9月には中村女子高等学校で行われる文化祭「むらさき祭」に参加、おぜんざいやきなこもちの販売、バザーなどを行っています。11月には、創設者である中村ユス先生の墓参(山口市宮野 法明院)を行っています。

卒業生のみなさんへ

みなさんの力で、中村女子を盛り上げていきましょう!!

近年、中村女子高等学校の生徒の活躍は目覚しいものがあります。伝統ある洋裁・縫製の技術を受け継ぐ「ライフデザインコース」の活動、普通科特進コースの大学合格実績、運動部の全国レベルでの活躍…。非常に頼もしい限りです。
卒業生のみなさん、母校の姿、母校で学ぶ生徒をぜひ、応援してあげてください。また、卒業生の皆様の近況をぜひお聞かせ下さい。
女性は結婚して、家庭を守る立場になると大変忙しくなりますが、お時間が許せば、ぜひ、同窓会総会や、むらさき祭へもご参加ください!
現役の生徒はもちろん、社会で、家庭で活躍される卒業生みなさんの姿が、中村女子高等学校全ての力になっていきます。みなさんの力で、中村女子を盛り上げていきましょう!!

藤村代利子会長(昭和31年卒業)

 人生を学び自由・闊達な校風を満喫した中村女子高去る5月8日に開催された23年度同窓むらさき会総会の冒頭、役員改選が行われ平成8年から15年間の長きにわたり会長として母校及び同窓会の発展に多大のご尽力とご功績を収められた滝川鹿子様がご退任になりました。 今後とも引き続き会の円滑な運営を図るため、名誉会長として大所・高所からのご指導・ご助言を頂けることを先ずご報告いたします。
 この改選に伴い私事、皆様からのご推挙により会長という大役をお引き受けすることになりました藤村代利子(昭和31年卒)でございます。
 振り返りますと、昭和25年当時、母(故古谷芳美)が本校家庭科教員として奉職しておりました関係もあって、山大付属小学校を卒業と同時に本校併設中学校に入学し、以来高校卒業までの6年間の在籍でした。これがまさに今でいう中高一貫教育を標榜する先導的試行のはしりであったと申せましょうか。
 戦後間もなく入学した中学校での3年間は、高校諸姉と共に合同参加を繰り広げた数々の行事(バザー、運動会、清掃活動等)を通じて和の大切さ、先輩への尊敬の念、勤労の喜び、礼法の基本などを会得したように思います。また、恩師の先生方から幅広い知識の習得はもとより折り折りに説かれる人生観、愛校心等の多くを学び自由・活達な気風を満喫しながらも一方では卒業後の進路を目指して意気込んでいた遠い昔を今なおなつかしく想い出します。以上役員改選の報告と自己紹介をさせていただきました。
 もとより浅学非才な身ゆえ、「任重くして道けわし」の心境ですが、卒業生の皆様方の温かいご支援とご協力はもとより、当学園理事長さんを初め校長先生、全教職員の方々のお力添えをいただきながら中村学園の卒業生としての誇りと使命を胸に母校発展の一助ともなれれば望外の喜びです。どうか各方面からのご提言等々よろしくお願い申し上げご挨拶といたします。

同窓会の活動

4月 常任幹事会・総会当番幹事会
5月 監査、常任幹事会・総会当番幹事会、総会(母の日)、総会反省会
8月 むらさき祭バザー打ち合わせ
9月 むらさき祭参加
11月 創立者中村ユス先生墓参(山口市宮野 法明院)
12月 常任幹事会
2月 常任幹事会、総会当番幹事会
PAGE TOP